求人広告は慎重に/キャバクラや風俗はネットで儲けろ!ホームページ制作は専門企業に

求人広告は慎重に

「求人広告は慎重に」のピクチャイメージです。

キャバクラや風俗店のホームページ制作を専門に行なっている企業に店舗サイトの作成をお願いし、無事に制作を終えることができた……けれども、実際にその店舗で働くスタッフがいないと店舗を経営することは出来ません。
そのため、次は求人サイトと呼ばれるサイトに求人広告を掲載していく事になるのですが、その際は「過度に広告掲載をしない」というのを意識するようにしましょう。

求人広告を掲載する人の多くは「たくさんの場所に載せればそれだけ多くの人が見るから募集が増える」という風に思うかもしれませんし、事実それは間違いではありません。
ですが、このような掲載方法を行ってしまうと「同一人物が様々なサイトで同じ求人を見ることになる」というのを覚えておくようにしましょう。
同一人物が同じ求人を様々なサイトで見る事の何が悪いのか、それは「初めて見たものでも昔から見ている物のように脳が錯覚を起こす」という点にあります。
全く同じ文面、同じ写真を使用した同一の求人広告を様々な場所で見ると徐々に脳が「この求人はいつ見ても掲載されている」と認識し始め、更に見る回数が増えていくと「この求人はいつでもある、いつでもこの職場は人が足りない」「いつまでも求人を出さないといけないということは、入っても直ぐに辞めてしまうから常に求人を出さないといけないんだ」と、非常に厄介な誤認識を起こしてしまうのです。

このような状態になってしまうと、いくら素晴らしい求人であってもその人の中での求人の優先度は下がっていき、応募してこなくなったり、応募するのが非常に遅くなってしまうのです。
そのような状況を作りたくないのであれば、有名な求人サイト1つか2つ、多くても3つ程度の掲載に抑え、求人に対しての希少感をあげていくようにしましょう。
そうすることによって、求人を見た人が「この仕事はレアだから応募しよう!」と思い込み、求人の応募者数は増加していきます。